eightban's memo

残しておきたい記事をまとめてみました。

Eclipse

日本語Eclipse環境を導入する

投稿日:

EclipseはJavaの統合開発環境ですが、それを日本語化した環境が提供されています。

「Pleiades」は日本語化を行うための Pleiades プラグインだけでなく、プログラミング言語別に便利なプラグインをまとめたパッケージです。

Windows,Mac,Linux版が容易されていて、Ultimate版では下記のものを導入します。

JDK 6、7、8、9
Tomcat 6、7、8、9
(Win のみ) MinGW 32bit、64bit
(Win のみ) Python 2.7、3.6
(Win のみ) XAMPP (PHP) 5.6

その他、様々プラグインやツールが含まれています。

Pleiadesの導入

ホームページより使用用途にあったバージョンをダウンロードします。

http://mergedoc.osdn.jp/

ここでは「Windows 64bit Full Edition」を選びダウンロードしてみます。

 

 

インストールはzipファイルを解凍することで行いますが、ドライブ直下のフォルダなどにインストールしたほうが良いそうです。また、解凍ツールを使用せず、Windowsの機能で解凍することを勧めています。NTFSで最大260文字のため、長いパスになると具合が悪いためです。

zipファイルを解凍するのに2~3時間程度かかります。

解凍が終わると3.5GBほどになります。

Javaのみの環境であればJava版で良いのですが、C++,PHP,Pythonなどを使用する場合はUltimateバージョンを入れておくと良いです。

バージョンが変わると仕様が変わることがあり、以前のバージョンが必要になるときがあります。このようなときに、pleiades

は有効です。

eclipseの起動

インストールしたフォルダのeclipse.exeをダブルクリックして起動します。

 

 

途中、xamppの設定処理が動きますが、しばらく待ちます。

eclipseをインストールしたフォルダにworkspaceを作る場合はそのまま、起動を押します。

違う場所にしたい場合はここで変更します。

pythonのパスの設定の確認が来ますが、そのまま選択された変更を適用を押します。

すると使用できる状態になります。

[長いファイル名を有効(参考)]

検索画面にgpedit.mscを入れて検索し、グループポリシーの編集を起動します。

コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > システム > ファイルシステム

Win32の長いパスを有効にする

 

-Eclipse

Copyright© eightban's memo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.