eightban's memo

残しておきたい記事をまとめてみました。

stable-diffusion

Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111) Google Colab で日本語化

更新日:

方法1 ノートブックの変更

下記 URL で StableDiffusionUI-Voldemort.ipynbを開いて名前を付けて保存します

https://colab.research.google.com/drive/1Iy-xW9t1-OQWhb0hNxueGij8phCyluOh

Clone webui repositoryに追加して書き換えます

!git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui /content/stable-diffusion-webui
%cd /content/stable-diffusion-webui
! git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui-aesthetic-gradients extensions/aesthetic-gradients
! git clone https://github.com/yfszzx/stable-diffusion-webui-images-browser extensions/images-browser

! clone https://github.com/yuuki76/webui-localization-ja_JP extensions/webui-localization-ja_JP/localizations/ja_JP.json
!echo {\"localization\": \"ja_JP\"} >config.json

これで毎回設定する必要はありません

後は順番に上から実行していきます

方法2 画面を使う

下記 URL から日本語化ファイルをダウンロード

https://github.com/yuuki76/webui-localization-ja_JP

ノートブックの画面に戻り。アップロード

/content/stable-diffusion-webui/extensions/webui-localization-ja_JP/localizations/ja_JP.json

ウェブ画面のSettingタブでlocalization をja_JPに設定

上の部分のApply settingを押す

下の部分のリスタートを押す

変わらなければ

ノートブックの画面に戻り。ランタイム->実行を中断して最後のステップを再実行

方法3 拡張機能を使う

Extensions タブ で localization のチェックを外しAvabrableのLoadfromを押しインストールを選択
画面上の installedのApply and Restart Uiを押す

ウェブ画面のSettingタブでlocalization をja_JPに設定

上の部分のApply settingを押す

下の部分のリスタートを押す

変わらなければ

ノートブックの画面に戻り。ランタイム->実行を中断して最後のステップを再実行

/content/stable-diffusion-webui/extensions/webui-localization-ja_JP/localizations/ja_JP.json
ここにダウンロードされています

他の言語は次の所のようです
/content/stable-diffusion-webui/extensions/stable-diffusion-webui-localization-ko_KR/localizations/ko_KR.json

日本語化した画面

-stable-diffusion

Copyright© eightban's memo , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.