eightban's memo

残しておきたい記事をまとめてみました。

Talend

Talend Open Studio の画面について ~ Talend

投稿日:

Talend Open StudioはEclipseベースですので、Eclipseをすでに使用している人であれば割と早く慣れていくと思います。

画面の構成

 

リポジトリ

作成したジョブ、入出力データ、固定値、プログラムなど入っていることろです。

  • ジョブ
  • コンテキスト ・・・ 固定値や変数
  • コード ・・・ Javaによるプログラムコード
  • SQLテンプレート
  • メタデータ ・・・ テキストファイル、CSV、excel、データベースなどの入出力関係のファイルなど

実体はworkspaceに入っています。

デザインワークスペース

デザインワークスペースで処理を設計します。ここではメタファイルやコンポーネントを置き、接続することで簡単に設計できます。コードのタブではJAVAコードを確認することができます。

デザインワークスペースで英字を打ち込むと、マッチしたコンポーネントが選択できるので便利です。

コンフィグレーションタグ

ジョブタブではジョブのバージョン管理をします。

Contextsタブでは変数の管理を行います。初期値の設定なども行います。

コンポーネントタブではコンポーネントの詳細を決めます。

実行タブでは様々な実行方法を指定して、ジョブを流すことができます。

パレット

便利な機能が集まったコンポーネントの一覧を選ぶことができます。

ここから選んでデザインワークスペースにドラッグアンドドロップすることでジョブに追加できます。CSVを読み込んだり、レイアウト変換などもできるコンポーネントがあります。

後はデザインワークスペースに部品を入れていくだけで、プログラミング無しで処理の作成が可能です。

 

 

 

-Talend

Copyright© eightban's memo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.