eightban's memo

残しておきたい記事をまとめてみました。

Talend

Talend Open Studioの初期設定 ~ Talend

投稿日:

Talend Open Studioで最初に行っておいたほうが良いことがあります。

 

メモリの設定

「Talend Open Studio for Data Integration インストレーションガイド」にも載っていますが

https://help.talend.com/reader/t4X4y1tQN2PriWh3CJ37gg/MDauhq9nl1m0FXZX~aHp9Q

ver5.6で最低3 GB、4 GBを推奨しています。

実行可能ファイルに対応する.iniファイルを編集し、JVMのメモリ割り当てを調整します。

64ビットWindows上のTalend Studioの場合、インストールしたフォルダにあるTOS_DI-win-x86_64.iniを編集します。

デフォルト

-vmargs -Xms512m -Xmx1536m

4GBに変更する場合、次のようにメモリ割り当てを指定できます。

-vmargs -Xms512m -Xmx4096m

JAVAの場所の指定(必要であれば)

JAVAの実行パスを指定することができます。

ウインドウ→Preferences

Talend→Javaインタプリタ

変更する必要がなければそのままで構いません。

スキーマ(ファイルなど)の日本語カラム名の使用設定

Talendではデフォルトでは日本語(マルチバイト)のカラム名は使用できません。ローマ字にするよりか日本語のほうが管理しやすいので、使用できるように設定します。

ウインドウ→Preferences

Talend→Specific settings  「Allow specific characters(UTF8,…) for columns of schemas」にチェックを入れます。

 

 

-Talend

Copyright© eightban's memo , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.